のとじま水族館

Adventure Aquarium

文字サイズ

MENU

トップページ > すいぞくかん日記 > 詳細

すいぞくかん日記

2011/04/23

今が旬なんです!

 皆さん、こんにちは!新年度を迎えいかがお過ごしでしょうか?

4月に入って、日中は暖かい日が増えてきましたね。それに応えるように水族館の近くにある桜も徐々に蕾が開き始めております。春の訪れに喜ぶ一方、花粉に悩まされている方も多いのではないでしょうか?鼻がグズグズ、目がショボショボといった症状が出始めると「あぁ、今年も春が来たんだなぁ…」と私は毎年しみじみとしてしまいます(笑)。

桜の開花や花粉?等々、春の訪れを教えてくれる「風物詩」はたくさんありますが、水族館にもこの時期に旬を迎える魚がいるのです。その魚とは…こちらです!

あれ?小さくて何だかよくわかりませんね…(汗)

それではもう少し近づいてみましょう!

はい、ようやく見えましたね(笑)。この魚はシロウオというハゼ科の魚です。北陸地方では「イサザ」と呼ばれています。体は氷のように透き通っていて、英名で「アイスゴビー」というのにも納得させられます。

シロウオは普段、海の浅瀬に暮らしているのですが、春になると川を遡って産卵する魚なんです!産卵のために川を遡るシロウオを四手網等で捕獲する「シロウオ漁」が各地で行われており、春の風物詩になっています。ちなみに、獲られたシロウオは「卵とじ」や「お吸い物」の他に生きたまま酢醤油につけて食べる「踊り食い」という一風変わった方法で賞味されます(汗)。

 現在このシロウオを展示しているのですが、彼らに餌を与えた後、面白いことが起こります。

面白いこと?さて何が起こるのかというと…こうなります!

お腹にご注目!……おやおや?オレンジ色に染まってますね。一体どういうことかというと、実はコレ…餌自体の色なんです!当館ではシロウオにアルテミア(小型のプランクトン)を与えているのですが、その餌はオレンジ色をしています。透き通った体をもつシロウオは、餌を食べるとその餌自体の色がお腹に染まり、食べているかいないかは一目瞭然というわけです。ですから、飼育係としては大変ありがた~い魚なのです(笑)。

 そんなシロウオたちは産卵を終えると死んでしまう年魚(寿命が1年の魚)です。そのため、現在展示中のシロウオもいつ産卵して、死んでしまうかわかりません。シロウオたちが元気な今のうちに是非一度ご覧になってください。きっと、春の訪れを感じることができますよ。

(見習いガッパ)

もどる

  • ショップ・レストラン
  • 飼育員の紹介
  • 写真素材集
  • 動画ライブラリー
  • 生きもの図鑑
  • 海づりセンター
  • レクリエーション広場
  • 周辺観光
  • 年間パスポートギフト券
  • 前売入場券
  • 能越自動車道七尾氷見道路開通
  • Facebookページ(のとじま水族館)
  • LINE@のとじま水族館

開館時間

3月20日~11月30日

9:00~17:00

入館は16:30まで

12月1日~3月19日

9:00~16:30

入館は16:00まで

※12月29日~31日は休館

お問い合わせ

〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町 15部40

TEL:0767-84-1271

FAX:0767-84-1273

ページトップへ

のとじま水族館

〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町15部40

TEL:0767-84-1271(代) FAX:0767-84-1273