のとじま水族館

Adventure Aquarium

文字サイズ

MENU

トップページ > メールマガジン登録

メールマガジン登録

メールマガジンの登録・解除

のとじま水族館が発行するメールマガジンです。
水族館の生き物たちの話題やイベント・最新のお得な情報などを月に1回お知らせします。
(基本的に毎月上旬発行)

のとじま水族館「海からのたより」 (マガジンID:0000138360)

メールマガジン登録
メールアドレス:
 
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

バックナンバーはまぐまぐのホームページで確認いただけます(外部リンク)

メルマガサンプル

~のとじま水族館「海からのたより」~ 第142号  2016.2.2

2月といえば節分。今年の恵方は北北西だそうですよ。
のとじま水族館から見ると・・・ウラジオストクあたりかな(笑)
=======================================================================================================================
目次
 1.飼育員コラム
 2.今月のおすすめイベント
 3.旬の生きもの
 4.海づりセンター情報
=======================================================================================================================

1.飼育員コラム
早いもので、新年がスタートして一月が経過しました。今年は暖冬なのかと思っていたら、年が明けると全国的な大寒波がやってきて、能登島でも例年のような雪景色となってしまいました。みなさんのお住まいは大丈夫だったでしょうか?
さて、当館の展示では毎年冬期間恒例のホテイウオの展示を始めました。本種は冷水性の魚で、冬期沿岸の海水温が下がると繁殖のため、能登の沿岸にもやってきます。
水槽内にペアで入れておくと、水底に組んである石の間にオスが縄張りを作り、メスがそこへ産卵します。オスは産みつけられた大きな卵塊にヒレや口を使って新鮮な水を送り続けて守ります。
メスは産卵して間もなくすると死んでしまい、オスも子供がふ化し終えるとやがて死んでしまいます。
このような自然の営みを館内で感じて頂ければと思っています。


2.今月のおすすめイベント
◆特別展示「合格祈願」
期 間:1月14日(土)~3月16日(木)
受験生応援企画として、滑り落ちない魚や踏ん張りを効かせる魚などを展示しています

◆イルカ・アシカショー特別企画「バレンタイン」
期 間:1月28日(土)~2月14日(火)
時 間:11:30、13:00、14:00  期間中の土日祝日は10:00、16:00も開催

◆企画展「奇妙な生きものたち」
期 間:1月1日(日祝)~3月20日(月祝)
見た目が奇妙な生きもの、意外な特徴を持つ生きものを展示

◆チャレンジメニュー「さかな教室」
開催日:2月26日(日)
時 間:10:00~15:00
対 象:小学生とその保護者
定 員:20名(多数の場合は抽選)
募集期間:2月1日(水)~10日(金)17:00
詳しくはhttp://www.notoaqua.jp/news/702

◆水族館裏側探検隊
毎週土曜日開催
普段見ることができない水族館の裏側を飼育員が案内します。
10:40、13:40(約40分)
定員 各回とも10名(先着順、予約不可)
参加費 無料(ただし、入場料が必要)
券売窓口でお申込ください。

イベント情報はホームページでもご紹介!
http://www.notoaqua.jp/


3.旬の生きもの 「キタミズクラゲ」
皆さんはミズクラゲを知っていますか?
全国の海や水族館でよく見かける、白い体に四つ葉のクローバーのような模様をもつクラゲです。
そのミズクラゲにはあまり知られていませんが、近い仲間がいます。その名も「キタミズクラゲ」。ミズクラゲと大きく違う所は、傘縁や生殖巣が濃褐色であることです。
キタミズクラゲの種小名はlimbataといいます。これは輪やリングという意味があり、傘縁の濃褐色がきれいなリングを描いているように見えることから由来していると思われます。
他にも傘縁が16個の縁弁に分かれること、放射管の分岐が複雑で網目状になることもミズクラゲとは異なる点です。また分布域も違います。ミズクラゲが北海道日本海側から沖縄まで分布するのに対し、キタミズクラゲは国内では北海道東から東北の太平洋岸、海外ではロシア極東海岸、アリューシャン列島など、まさしく北のミズクラゲなのです。
近年では北海道などで大量発生し漁業被害が出ている傍ら、水深200mの深海でも生息が確認されるなど、生態に関しては不明な点が多いクラゲでもあります。ちなみに能登半島沿岸でもたまに採集することができ、現在展示している個体は当館がプラヌラという赤ちゃんの時期から大きく育てたものです。一見するとミズクラゲですが実は意外と目にする機会が少ないキタミズクラゲ。現在クラゲコーナーに展示中です。是非水族館まで来て観察してみて下さい。


4.海づりセンター情報
2月の予定です。
<1> 魚ギョ選手権は「クロダイ」です。
<2> ウォンテッドは「クサウオ」(元気な魚に限る)です。
1月の魚ギョ選手権の結果!(サヨリ)。1位29.0cm 2位28.0cm
ウォンテッド (コブダイ)は手配魚ゲットならず・・・
さて、釣果は、7日に20cm前後のアジ30匹程釣れました。上旬は、サヨリ、メジナ、アジ等が主な釣果でした。中旬は、悪天候が続いた為、殆ど釣人が入らず。19日にサヨリ、アジ、メバルが少し釣れた程度でした。28日、29日は天気が良かったのでサヨリ、アジ、メバルが釣れました。

お問い合わせ先:のとじま水族館 TEL:0767-84-1271

  • ショップ・レストラン
  • 飼育員の紹介
  • 写真素材集
  • 動画ライブラリー
  • 生きもの図鑑
  • 海づりセンター
  • レクリエーション広場
  • 周辺観光
  • 年間パスポートギフト券
  • 前売入場券
  • 能越自動車道七尾氷見道路開通
  • Facebookページ(のとじま水族館)
  • LINE@のとじま水族館

開館時間

3月20日~11月30日

9:00~17:00

入館は16:30まで

12月1日~3月19日

9:00~16:30

入館は16:00まで

※12月29日~31日は休館

お問い合わせ

〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町 15部40

TEL:0767-84-1271

FAX:0767-84-1273

ページトップへ

のとじま水族館

〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町15部40

TEL:0767-84-1271(代) FAX:0767-84-1273