のとじま水族館

Adventure Aquarium

文字サイズ

MENU

トップページ > すいぞくかん日記 > 詳細

すいぞくかん日記

2020/03/13

ラッコのお食事

初めまして、最近魚類からラッコやカワウソなどの担当になったタロンです。



現在はお食事タイムを休止しているので代わりと言っては何ですが、普段お食事タイムで解説している中からエサについて書いていこうと思います。



ラスカには、イカ、サケ、サバ、ホタテ、の4種類のエサをあげています。どれもとてもおいしそうです。贅沢ですね。ホタテは貝柱と生殖腺を使い、サケ、サバは骨を取り、イカの足は吸盤を落として与えます。アジを丸呑みするアザラシと違って準備が大変です。
ラッコは寒さから身を守るためにたくさん食べるのでエサ代もばかになりません。 グルメで、大食漢で、当館で1番、エサ代と手がかかっています。愛されてますね。
それだけやってもラスカの気分で「このエサいらない」と落とされてしまいます。ラスカは好き嫌いが激しくて、その時食べたいもの以外は落とすのです。以前、イカの耳をおいしそうに完食した後に、イカの胴を渡したとき、ラスカに「はぁ?」って目で睨まれたように感じたことがあります。
余談ですが、昔は嫌いな胴を隣でエサをもらっていたオスに渡していたそうです。 給餌中、飼育員はラスカが落とすエサに目を光らせます。ラスカがどれくらいエサを食べているか把握するためです。



落ちたエサは届く範囲で回収します。



嫌いなイカの一部を肩にのせて泳ぐラスカ。
ちなみに落とされたエサの一部は、魚たちが食べます。キツネメバルとクロソイです。当館で2番目に贅沢しているかもしれないです。



キツネメバルが映りに来てくれました。
最後に、こんなものを与えているところを見たことがある人も多いのではないでしょうか、ラスカが大好きな氷です。





水分補給に普通の氷、ビタミン補給で薬入りの氷をあげます。冷凍のエサではビタミンが不足してしまうんです。ちなみに野生のラッコも氷から水分補給することがあるとか。
現在はお食事タイムを中止しているのですが毎日4~5回エサを与えているので好き嫌いで飼育員を悩ませているラスカをぜひみにきてください。

タロン

もどる

  • ショップ・レストラン
  • 飼育員の紹介
  • 写真素材集
  • 動画ライブラリー
  • 生きもの図鑑
  • 海づりセンター
  • レクリエーション広場
  • イルカとのふれあいビーチ
  • 周辺観光
  • 年間パスポートギフト券
  • 前売入場券
  • のとじま水族館Twitter
  • Facebookページ(のとじま水族館)
  • LINE@のとじま水族館
  • 能越自動車道七尾氷見道路開通

開館時間

3月20日~11月30日

9:00~17:00

入館は16:30まで

12月1日~3月19日

9:00~16:30

入館は16:00まで

※12月29日~31日は休館

お問い合わせ

〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町 15部40

TEL:0767-84-1271

FAX:0767-84-1273

ページトップへ

のとじま水族館

〒926-0216 石川県七尾市能登島曲町15部40

TEL:0767-84-1271(代) FAX:0767-84-1273